JUNKMAN GARAGEでは、買い取りや委託販売もやってます。

と言うと何となく堅っ苦しいですが、ようは別にお金に限ったモノのやりとりだけじゃなくてもいいでしょって事です。本当の理想は物々交換とかいいですよね。

例えば、こんなヘルメット持ってるけど全然被ってへんし、でもあっこにあるあのコールマンのランタン欲しいしなってなったら、取り敢えず言うてみて下さい。

あくまで僕の基準になりますけど、それでOKなら、ヘルメット置いてランタン持って帰って貰ったらいいです。

勿論、うち以外に欲しいものがある。でも今月ピンチやねん。アレ売ろうかな?でもヤフオク出したりするんもなーってのがあれば、うちに持って来て貰って、正直になんぼ欲しいか言うて下さい。無理なら買いませんけどね(笑)

そんなん以外でも、これ売っとって〜みたいなのがあれば、お気軽に持ち込んで下さい。

見る人が見れば、エエ加減で気色の悪い話かもしれませんが。

e0361508_11190500.jpg
画像は東京栄転を機に断捨離を決行した後輩くんから買い取ったコールマンの縦型クーラーボックス。縦向けにも横向けにも使える優れものです。

キャンプやBBQ、ヴィンテージモトクロスやトライアルその他のイベントの際、従来の横置きクーラーボックスと違い、冷蔵庫みたいに使えるのが最高ですね。内部パーツも完備の美品です。¥28,000

[PR]
# by amagen-777 | 2017-02-08 11:35 | ガレージ | Comments(2)

JUNKMAN GARAGE

引っ越しを決めたのが去年の12月。
それから、行き当たりばったりのしっちゃかめっちゃかで1月が終わりました。

〝なんかあいつ、塚口で店する言うてるで!〟
〝何の?何売んの?〟
〝たぶん、ストーブ屋ちゃう?〟
〝ストーブ?じゃあ冬以外どうすんの?〟
〝。。。さぁ?(笑)〟

そんなやり取りが聞えてくる中、よく聞かれる〝何屋さんですか?〟という問いに、なんと答えるのが一番ワクワクしてもらえるんやろ?それが唯一の今の悩みですね(笑)

基本的には、以前の杭瀬のGARAGEでやってた事と大きく変化は無いと思います。

そこにあるのは、JUNK好きが好き勝手やってるGARAGE LIFE。

冬場のGARAGE LIFEには、ストーブは欠かせません。だから、扱う。

e0361508_09412735.jpg

GARAGEで触ったバイクで、ちょこっと出かける。河原や原っぱでコーヒー飲んだり、なんかちょっと食べたり。
そんな時間がもうちょい楽しくなるアイテムがあったら尚、良い。だから、扱う。

e0361508_09390460.jpg
GARAGEをこんな風にしたい。GARAGEでこんなんしたい。バイク乗ってこんな事がしたい。そんな思いがカタチになるようなアイテムが欲しい。
それがビンテージもんであったり、何のこっちゃわからんJUNKもんであったり、もっと言えば、そんな思いで造られたモノづくりをおこなう人たちのアイテムであったり。

こりゃエエ!

そう思うモノなら何でも置きたい。

e0361508_09573838.jpg
e0361508_09403721.jpg
e0361508_09394424.jpg

そんなGARAGEで、あーでもないこーでもないと言いながら、まあお時間の許す限りのんびりしてって貰って、エエもんあったら買ってって下さい。

e0361508_09593666.jpg
おもくそ余談になりますけど、僕がバイクに乗り始めて、その辺ウロウロしだした頃って勿論まだインターネットなんて無かったですよね。
携帯電話も普及してなかったかな。
ポケベルの時代かもしれません(笑)

当然、今みたいに不特定多数に向けて自分の素性を曝け出すような行為、そんなん無かった訳です。

それとこれとが関係あるかはさておき、あの頃僕の暮らす尼崎のあちこちにも、得体の知れん場所が沢山ありました。このオッさん何してんのやろ?何ここ?店?いや、店にしてはメチャクチャやし、でもなんか何時行ってもヘンなもん転がってるし。

取り敢えず、適当な理由を見繕ってコンタクトを取る事に成功する迄に、結構な時間を要したりね。

なんやったら、看板掲げてるバイク屋やのに、ちょっと見て欲しいねんけど〜って訪れたら、そんなボロどこで買うたんや!放ってまえ!言われたり(笑)今の時代、そんな事してたら即炎上でしょ。2ちゃんで叩かれます(笑)

でも馴染むにつれ、あーも、こんなもん、これつけとったらイケるがな!言うてその辺に転がってるパーツでチャチャチャっと治してくれて。ナンボですか?って聞いても、知らん!ええわそんなもん!みたいな(笑)

それが良いか悪いかは僕にはわからないし、そういった人たちが今の時代に最前線で生き残れていないという事実だけを見れば、結果として答えは出てしまってるのかもしれませんけど。

でも、未だに、ちょっと頬を赤らめながら「お、おい、い、いんすた?って何や?」って俺に聞いてるようではあきませんよ(笑)

だんだん何が書きたいのかわからんくなってきましたが。

基本僕はガチガチのネットユーザーやし、インターネット最高、SNS最高、ネット通販最高っていう考え方です。ポチっとこか〜とか、真顔で言えます(笑)

だって、そうやって繋がった何百、何千、何万の人たちのホンの一握りやとしても、こりゃあかん、こうしちゃおれん、こいつ何しとんねん、言うて、膝つき合わせに来てくれる人たちに巡り会わせて貰ってますからね。

恐らく、この時代に生きてなかったら、一生知らんままに終わってた人たちも。

まあ、悪い部分もいっぱいありますけどね。ネットっつーのは。そんなもんはペシャンコにしたったらエエだけの話で。

[PR]
# by amagen-777 | 2017-02-05 23:04 | ガレージ | Comments(0)

ストーブ ◆TURM L51◆

TURM L51

1960年代

製造国・・・ドイツ

モデル名・・・L51


e0361508_23213180.jpg

ドイツで製造されてスイス軍に納入されていたらしいストーブ。家庭用ストーブと比べると、至る所の作りがシンプル、悪く言えばチープな感じですが、それがまたたまりません。

ストーブ ◆TURM CALORIFIX◆ こちらで紹介した同じくTURMの家庭向け?モデルと比べると共通点もかなり多いですが。

e0361508_23212612.jpg
ギャラリの作り、固定方法などはほぼ同じですね。

e0361508_23212512.jpg
ウィックキャリアの溝が螺旋状なのも同じです。

e0361508_23212374.jpg
e0361508_23212426.jpg
芯を上下するレバーやチムニーを固定するネジなんかもほぼ共通っぽいですね。

e0361508_23212496.jpg
しかしこいつのチムニーは固定ネジを両サイド2つを緩めてポコンと外す構造。

e0361508_23213213.jpg


そして何より最大のポイントはこの何ともチープな燃料キャップ兼残量ゲージ。

ただ押し込むだけの赤い燃料キャップ。それを貫通する針金。その下に突き刺されたコルクのフロート。それが浮き上がる事で目視出来るように針金先端部分を丸めて白くペイントされています。

灯油残量は、正面に位置する1つだけ縦長になった穴を覗き込んで針金の浮き沈み加減を確認する訳です。

面倒臭いですね(笑)

それもこれも許せるこの風貌。

e0361508_23213180.jpg


当時はテント内で暖をとる兵隊さんたちを癒してたんですかね〜。

[PR]
# by amagen-777 | 2017-01-10 21:39 | Comments(0)

ストーブ ◆POD 62K◆

POD 62K

1970年代

製造国・・・スウェーデン

モデル名・・・62K

e0361508_12182003.jpg

スウェーデン製の箱型2筒式ストーブ、POD 62K。
箱の中に弁当箱のような灯油タンクがあり、その上に2筒の燃焼筒が装備されてます。

e0361508_12181961.jpg

1筒灯すも良し、2筒灯すも良し、上のカバーも開くとヤカンをかけたり焼き芋焼いたり色々出来る優れものです。

1筒式と違い、全てカバーをしてしまえば直で触れないほど熱くなる事は無いので、小さな子供さんやペットのいるお宅なんかには、この2筒式がオススメかもしれません。

e0361508_12182064.jpg

筒を外すとこんな感じです。

e0361508_12182236.jpg
まあまあ汚れてますね・・・。この後ちゃんと組む前に掃除します。

e0361508_12182442.jpg

バスケットやウィックキャリア。
アラジンのMODEL38のモノと比較。ミニチュアみたいで可愛いですね。





[PR]
# by amagen-777 | 2016-12-02 12:37 | ストーブ | Comments(0)

何年、何十年と放置されたストーブの殆どは芯が固着して上下しなくなっています。

それを無理矢理上下させようとハンドルを回すと、ギアが空回りしてしまいます。

一瞬、ギアが回った!と勘違いしてそのままギアを回しまくると空回りしてウィックキャリアの溝、ギア共に痛めてしまします。

芯が固着していたら、焦らずじっくり適切な方法で固着を剥がしましょう。

e0361508_10473626.jpg
このMODEL37は比較的軽度な固着だったようで、割と簡単に救出出来ました。

固着した芯を外すにも、程度によって様々な方法を試します。

構造をよく見て、ここをこうしてああしたら各部を痛める事無く外せそうやな〜とか考えつつ、工具屋さんやホームセンターなんかで使えそうな工具を調達して色々試してます。

長年放置されて使用不能になった古いストーブの修理依頼も引き受けます。

[PR]
# by amagen-777 | 2016-11-29 11:04 | ストーブ | Comments(0)